部屋の数を多くした結果、掃除が大変になってしまいました。

部屋の数が多かったことが失敗です。

新築を建てる際はワクワクした気持ちで理想ばかり追ってしまいますが、現実的な掃除であったりの面をもっとよく考えるべきだと思いました。

部屋の数が多ければそれだけ移動も大変ですし、角が多く家具の裏の掃除も大変です。

当然窓も多めになってくるので、吹き上げるのも大変ですし、とてもやりきれない気持ちになってしまいます。

治せるとしたら、今ある部屋をいくつかひと部屋に繋げ、大きな部屋にするぐらいしかありません。

ひと部屋になればまだ壁も少なく掃除機の移動も楽になるのではないかと思いました。

また、普段は使わず物置になってしまう部屋もできるため、その部屋の掃除はやはりホコリがたまりやすかったりして面倒に感じてしまいます。

新築は1回建てたらもう取り戻せない部分もあるので、ワクワク感だけでなく現実的な部分と照らし合わせ、自分が楽にできる部分も考えるといいのかなと思いました。

子どもができたら…という考えももちろんあるため、部屋の数は難しいところですが、効率よくできる環境を整えること。

大きなひと部屋でしたら子ども部屋を半分に割ることも難しくはないため、(部屋を崩すよりは)柔軟に対応できる家が大切かなと感じました。

あわせて読むとおすすめ⇒狭山市 注文住宅